ご利用上の注意点

当テーマをご利用の際の注意点をいくつか上げておきます。

余計なプラグインは必要無し

当テーマは出来るだけプラグインを利用する事無く運営出来るように構築しているつもりです。
公式テーマの場合は制限があり出来なくなる事も多々ありますが、当テーマの場合当方の自由配布で御座いますので、個人的に必要なツールはホボ導入しております。

その代償に、余計なプラグインを有効化してあるとエラーを引き起こし画面が真っ白になってしまう事が御座いますので以下の点をご注意下さい。

ライトボックス系プラグインは使用しない

ライトボックス系のプラグインはエラーを引き起こす可能性が高いです。
当テーマではオリジナルのモーダルウィンドウを実装しています。その際にaタグ(画像リンクタグ)にdata-lightboxをphpで自動挿入しています。他のライトボックス系プラグインも同様の処理がある可能性あり、干渉してエラーを引き起こす可能性があります。

もし、他のライトボックス系プラグインを使用したい場合、functions.phpからlightboxfuncの部分を消して下さい。またjsのモーダルウィンドウ出力部分も消したほうが良いです。

ただ、せっかくjsファイルをまとめておりますし、minファイルにしていますので余程好みでない場合以外は必要ないと思われます。

snsボタンも必要無し

ツイッターやFBのカウントボタンもデフォルトで導入しております。
コチラは干渉してエラーを引き起こす事は少ないかも知れませんが、複数は必要ないと思います。
当テーマのsnsボタンは比較的早く動くと思いますが、その代償に一般的名SNSボタンと動きが少し異なります。
一般的名SNSボタンをプラグインで使いたい場合は各テンプレートからsocial.phpの部分を探し消して下さい。

ogpタグも必要無し

当テーマではogpタグも自動で出力します。
ogpタグはプラグインによって、やはり自動で出力されてしまいます。その際ogpタグが被ってしまう事があります。
代表的名プラグインではjetpackです。
jetpackは非常に便利なプラグインですので、ご利用の方も多々おられると思います。その際にJetpackのogpタグを制御する為、functions.phpに

add_filter('jetpack_enable_open_graph', '__return_false', 99);

を追加して下さい。
これでJetpackのogpタグが制御出来ます。

『all in one seo』等はogpタグの自動出力は無かったと思います。

誤ってエラーを引き起こした場合

もし、干渉するプラグインを停止せず当テーマを有効化してしまい、画面が真っ白になってしまった場合の方法です。
分かればphpを修正する。もしくは干渉するプラグインをftpから削除する。
phpもftpも分からない場合、データベースにアクセスします。wpordpressが使えているサーバーであれば絶対にデータベースにアクセス出来ます。
データベースにアクセスしたら、Option列(_option)のテンプレートとスタイルシートを元に戻してあげれば、元の状態に復帰します。
detabesu

自身で経験のある鑑賞したプラグインはライトボックス系プラグインのみです。
今後も何か分かった場合は、このページに追記いたします。